佐藤渓美術館 satokei art museum

2013年、由布院美術館の後継として、大分県別府市にある近代和風建築「聴潮閣」(国登録有形文化財)内に開館。佐藤溪の世界が昭和初期のレトロな空間に広がりましたが、3年後、建物の老朽化に伴い全館非公開となりその幕を閉じました。

聴潮閣の内部と展示風景を ご覧いただけます。

アクセス

国登録有形文化財に登録されている聴潮閣の歴史。

聴潮閣(ちょうちょうかく)は、1929(昭和4)年、昭和初期の大分県を代表する財界人、高橋欽哉の自宅兼迎賓館として建てられました。
高橋欽哉は、1928(昭和3)年に浜脇高等温泉を開き、1929(昭和4)年には大分農工銀行(現在のみずほ銀行大分支店)の頭取に就任。別府商工会議所の初代会頭を務めるなど、別府市の観光と経済の発展に尽くした人物です。
この住宅は当時別府市浜脇の海岸沿いに建てられていたもので、「潮の音を聴く」という意で聴潮閣と名付けられました。1989(平成元)年、現在地の別府市青山町に移築されました。登録有形文化財に登録された2001(平成13)年に“聴潮閣高橋記念館”として一般公開が始まり、昭和初期の別府の文物を展示するとともに企画展やイベント、音楽会なども行われていました。また、2013(平成25)年1月からは姉妹館の由布院美術館の閉館に伴い、その収蔵物であった佐藤溪の作品を展示する“佐藤溪美術館”として2016(平成28)年の12月末まで約3年間一般公開されていました。
聴潮閣の主屋は台湾ヒノキ等の高級材を用いた木造2階建て入母屋造近代和風建築で、他にアールデコ調の応接間のある洋館を持ち、小川三知(さんち)のステンドグラスなども用いられた和洋折衷建築です。
大正時代から昭和にかけて日本全国に知られる温泉観光地として発展した別府には、数多くの近代的な公共建築や住宅建築などが建てられました。しかし、別府は第二次世界大戦の戦火を免れたにもかかわらず、戦後の観光開発などによってこれらの建築はほとんど現存していません。このうち一般公開を行った住宅は聴潮閣のみで、昭和初期の別府の繁栄ぶりを今日に伝える数少ない近代化遺産となっています。